2014年 06月 18日
Sound Affects
 JAZZの魅力にとり憑かれたのは30代前半。それ以前は完全なBritishロック志向でした。

初めて行ったロックのコンサートがQueenの初来日、武道館初日の公演。確か1974年?
当時、イギリスの大御所達の来日ライブを見に行くには、タイミングも年齢も既にミスマッチで、
子供心に悔しい思いをしましたが、やがてやって来た新しい波にはどっぷり漬かることになります。

中でもこのバンドのジャケットデザインは自分にとって印象深いもの。
渋谷のシスコか新宿レコードで買った30センチ(12")シングルは今もお宝です。(笑)
でもWellerのソングライティングの才能はやはりこの頃が一番開花していたように思います。
b0109942_22104260.jpg

彼は今でもソロで活動をしていますが、今やMod Father と言われているそうです。
自分の世代から見ると、当時のムーヴメントそのものが Mod Revival だった訳で、何だか
不思議な感覚ですね。

Wellerのソロ・ライブを最後に見たのは、確か1993年の東京(五反田)公演。
アルバムは途中で挫折してしまったので、最近は20年の時を経て、その後の彼の歩みを
辿ってみようかな、と思っています。
[PR]

by semi_san | 2014-06-18 22:14 | お気に入り♪♪


<< Last Chance ?      Jazz本と言えば... >>