2014年 06月 21日
Last Chance ?
 現在、自分が使用しているオーディオシステムについて語る時、やはりMclntosh抜きには何も
語れないのだが、今のラインナップになってから早いもので10年を超えた。
Mclntoshと言っても1995年頃、当時のプリメインアンプMA6800を購入したのが最初で、結局
セパレートアンプとして、プリ+メイン共にMclntosh(C29+MC2500S)に落ち着いたのが確か
2002年頃だったと思う。

 さて、そのシステムに、あるとは思えなかった主役交代の機会が訪れるかもしれない。
Mclntoshの上記のアンプは、トランジスタアンプとしては世代的には古く、音場や情報量と
言った現代アンプの得意とするような表現は苦手である。しかし、小編成のアンサンブルなどを
聴くと、ソロが実によく浮かび上がり、ソリストがお立ち台に上がっているような感覚を覚える。
Mclntoshらしい色の濃さは勿論だが、機器としての信頼性の高さとこのピラミッド形と言われる
音のバランスが、聴き手にも大いなる安心感を与えてくれていると思う。
b0109942_461339.jpg

 そんな、自分にとっては何を聴いても絶対的な存在であるこのアンプに、とって変わることの
出来るもの。それはトランジスタアンプではなく、かの著名なMarantz社のプリアンプ#7と
パワーアンプ#8bである。
確か、現在使用しているスピーカー、JBL C51 Appolloを秋葉原のビンテージ・オーディオ
ショップで購入する際、メンテナンス中の個体をそのアンプで鳴らしていて、CD(プレーヤーは
確かREVOX B225だった)であるにも関わらず、ヴォーカルの瑞々しさと上品な艶やかさに
唖然としたのを覚えている。

 その存在は既に地元オーディオショップの店主や諸先輩方からも聞いていて、一通りの予備
知識はあったのだが、当時でさえ中古品でしか手に入らす、音質の個体差や真空管の違いに
よる出音の違い、将来的なメンテナンスへの懸念もあり、ショップの店主からは金額も金額であり、
あまり薦められていなかった。

 しかしその後は状態の良い個体が現地(US)から届くことは稀となって、現在では中古品にも
関わらず高騰している。(プリ+パワーで野鳥撮影用の大砲1本+プロ用ボディ1台分位だろう。)
 今更、という感はあるのだが、状態の良い個体にめぐり合える機会はこれから先、皆無に近い。
トランジスタアンプとは全くの別世界であり、Mclntoshをどうするか、という問題はあるのだが、
10年ぶりにその機会に恵まれるかもしれない状況に、少々落ち着かない日々が続いている。
[PR]

by semi_san | 2014-06-21 04:11 | お気に入り♪♪


<< Wild Wood ~Paul...      Sound Affects >>