2015年 01月 27日
Yorkfield から Haswell Refresh へ
 と書いて何だか分からない人も多いと思いますが…、
実家にあるPCを約7年ぶりにリニューアルすることにしました。
(タイトル分かる人は結構オタクですね。^^;)

もうあれから7年ですか…。
年月(齢)が経つのは早いものです。(^^;)
こちらが実家のPC製作時の様子。

シャトル製のキューブベアボーンは前回以降、2台、都合、計4台稼働中(家族の分も含め)ですが、
かれこれ7~8年使っても故障もせず、安定しています。
さて、このSP35P2 Proですが、当初のCPU、Core 2 Quad Q6600 (Kensfield)から、その後、
Q9650(Yorkfield)へ換装。
無理してTDPの高いCPUを選んだ為か排熱が上手く行かないようで、数年前から冷却ファンの調子が
悪くなり、最近になって異音が発生するようになりました。

最初はファン交換すれば良い、と思っていたのですが、よく見るとファンがCPUヒートシンクと筐体の両方に
取り付けられた特殊構造となっており、PCショップで売っている規格品が使えない…。

ということで、潔く諦めて新調することに。
一度は使ってみたいApple(Mac)も考えましたが、どうにも自分の感性に合いそうもないのでパス…。(笑)
結局、5台目のシャトル製ベアボーン、SH97R6に落ち着きました。
b0109942_22154211.jpg

そしてCPUは Core i7 4790 (Haswell Refresh)を選択。
とりあえず、メモリーは余っているADATA製DDR3(PC1600)を使い、光学ドライブとシステムディスク
(SSD)は旧PCから換装する予定です。

結局、出費はベアボーン本体とCPUだけなので、スマホ1台分?程度で収まるという感じでしょうか。
15年程前に、HP社製の格安PC(確か¥49,800だった)の部品を弄くり始めたのが最初でしたが、
携帯端末全盛の今、当時の事を思うと、何だか滑稽にも思えてしまいます。

さてこれで現像作業が少しでも快適になってくれると良いのですが…。

Panasonic Lumix LX-3
[PR]

by semi_san | 2015-01-27 22:17 | その他 | Comments(2)
Commented by hina02_04 at 2015-01-28 22:11
こんばんはぁ~
7年ですかぁ~凄いすね!
CPUは似たような経緯で
Q6600だったか?→QX9650
今はi7 3930K...現像早くなった記憶が!
って2011年12月なんでもう大分経ってるなぁ~...
やっぱり新しいのは良いすね!
Commented by semi_san at 2015-01-28 23:02
hinaさん、こんばんは。
6コアのLGA2011ですか。いいですね。
実はブログを上げてるPCは、古いですが、i7 970が乗ってます。
一時期X79EXチップセットのベアボーンを購入しようとしましたが、
i7 970でも十分だったので見送りました。
こちらのPCは騙し騙し使って来ましたが、いよいよ交換時期ですね。
とは言えQ9650でも今の自分の一眼なら、画素数面でも
それ程デメリットは感じません。
通常の使用なら全く問題無いので、ちょっともったいない気もしてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 真上…      やっと青い鳥 >>