2006年 07月 30日
柿田川公園 ~カワセミを待ち続けて~
 昨日はまた柿田川公園に行ってきました。(^^ゞ
その前にヤマセミポイント、溜池ポイントに出向いたのですが、どちらもカワセミと出会うことが出来ました。早朝の出会いは気持ちの良いものですね!残念ながらヤマセミは相変わらず緑の中に居るようで、再会は次の機会に...。

 さて溜池ポイントのカワセミの続報ですが、昨日は親鳥だけが居まして、少なくなった水場で魚を探しているようでした。暫く居てその後は田んぼのある下流の方へ飛んで行きましたが、多分子供達もそちらへ移動していると思うものの、相変わらず池は湧水を貯めずにそのまま放流しているようなので、貯水されるのは稲刈りの頃?まで先かもしれません。

 その後は蓮のお寺に意気揚々と出向いたのですが、こちらは全くのアテハズレ...。ちょっと物足りなくなり、性懲りもせずまた柿田川公園へ...。(笑)10時頃から12時頃まで粘りましたが、その間、捕食、ホバ、近場の止まり木へ来てくれました。が、捕食、ホバ共に設定を間違えていたり、眺めてるだけでシャッターチャンスを逃してしまいました...。(涙)
 でも昨日は夏休みとあってギャラリーの方も多数来訪していて、子供達も含め、皆さんと一緒に「渓流の宝石」を堪能することが出来ました。

強い日差しの中、展望台前の止まり木に。
b0109942_8384868.jpg

少し遠めの止まり木に。
b0109942_846283.jpg

前回と同じ止まり木。(今回はヌケが今一つですが...。)
b0109942_848842.jpg

顎を掻くの図?(笑) この短くて赤い足を使うんですね~。^^;
b0109942_849193.jpg




 さてこの時期、一部のマクロマイスター達がその腕を競っている?トンボの飛翔写真ですが、当方は全く基本が出来ていないものの、柿田川には沢山のオニヤンマが生息していますので、ダメを承知で少し練習して来ました...。(笑)

で、せいぜい「大」トリミングしてもこんなもんです。(汗)
最後はオニヤンマの方が諦めて?目の前に止まってくれました。(爆)
b0109942_912947.jpg


 炎天下の下だったせいもあり30分ほどの撮影で汗びっしょり!フレームに入れる為には100mm位でも遠めのカットを狙わないと、とても捕まえられません...。望遠マクロや通常のマクロで、ノートリせずにMFでピントが来ているカットを撮られている方の凄さを改めて痛感しました。
 しかし、これをある程度習得しないと鳥の飛翔物も撮れそうもないと思うので(^^;)、暫くトンボ相手の飛翔物練習も自宅庭での課題となりそうです。(笑)

カワセミ : D200 + Ai AF ED VR80-400mm F/4.5-5.6D
オニヤンマ : D200 + AF-S VR18-200mm F/3.5-5.6G
いずれもトリミング有り。
[PR]

by semi_san | 2006-07-30 09:24 | 山翡翠、翡翠


<< 「Dippin'」 ...      庭の草花 ~その1~ >>