2006年 11月 10日
「Dear Old Stockholm」
 紅葉も待ち遠しい秋の夜長、そんな夜はJazzの調べに耳を傾けつつグラス片手にマッタリ...、と行きたいものの、なかなかそう簡単には行かないのが世の常でして(汗)、かく言う本人は相変わらずの風邪引きグズグズ状態だったりします...。(^。^;)

 で、最近は写真を撮ったり撮ることを考えたりする時間が音楽を聴く時間を著しく侵食していて、殆ど新しいDiscを買わなくなってしまいました。(笑)  考え事する際に聴くのはCSPCM放送が圧倒的に多いのですが、先日聴いていたら聴き慣れたメロディが...、

 そう、「Dear Old Stockholm」...でした。

 スタンダードソングではなく、この素朴なスウェーデン民謡がStan Getzの「The Sound」(Roost/1951年録音)によって紹介され、一躍ジャズの名曲の仲間入りをすることになったいきさつをまだ知る以前、自分を振り返ればJazzを聴き始めの頃、MJQ(マンハッタン・ジャズ・クィンテット)の「Plays Blue Note」(King Record/1988)にたまたま収録されていたのを聴いて、その哀愁漂うメロディにとても魅せられたことを思い出します。

 この曲は昨今、数多のジャズメンがカバーしており、Bud Powellの「In Paris」(Reprise/1966)や、最近の録音では、若手テナーのHarry Allen(ts)、ピアノではEddie Higgins(p)のアルバム「Dear Old Stockholm」(Venus/2002)などもお気に入りです。

 実際にスウェーデンのストックホルムに旅したことは無いのですが(汗)、久しぶりにLPに針を落としCDを聴くと、幾多のジャズメンの快演をまた探し求めてみるのもいいかな~?なんて考えてしまいます。(笑)

 さて、秋の夜長、Jazzに限ったことではありませんが、皆さんのお気に入りの一曲って...?

b0109942_2329774.jpg

b0109942_9261763.jpg

Fujifilm F30 (Aモード, ISO400, -0.7EV)
[PR]

by semi_san | 2006-11-10 23:35 | お気に入り♪♪ | Comments(10)
Commented by youkmy at 2006-11-11 16:17
私のは、
MJQ=モダン・ジャズ・カルテットだったような。
ほとんど憶えてないけれど・・・(汗)

18番の、朝日のように・・・は置いといて、
ピアノが、ジョン・ルイスかキース・ジャレットかは忘れましたが
「ブルース・オン・バッハ」が一番!
あの、引きずるようなピアノがたまらなく好き!!

秋が深まると
>そんな夜はJazzの調べに耳を傾けつつグラス片手にマッタリ...、と

良いですね~、大人っぽくて・・(笑)
因みに、MJQのLPは全て揃ってたようです。
Commented by ido1999 at 2006-11-11 20:57
こんばんは。
凄いシステムをお持ちですから、そんじょそこらではなかなか聞けない
音なんでしょうね〜。
一度お邪魔してみたいものです。(笑

私の場合は学生の頃からバイト代はコンポの一部に化けてましたから、
好きな世界なんですが、その後は金銭的な問題も有って結婚〜子
育てとほとんど関心の無い時代が続きました。

今更立派なシステムは組めませんが、安価なデジタルアンプに過去
に2度経験のあるフルレンジのフォステクスのユニットを使ったトールボーイタイプの手作りSPに再度挑戦してみようかなと思ってます。
ボーカルだと結構いけそうな感じなんですが、どうなんでしょうね。
Commented by semi_san at 2006-11-11 22:34
yooさん こんばんは。

おお、そうでした...、本家?MJQが子守唄代わりという、私にしてみれば
大変恵まれた環境でお育ちになられたとか...。(笑)

「ブルース・オン・バッハ」、MJQ最後期のアルバムですね。実はMJQは
少し上品(端正?)過ぎて聴く機会は少ないのですが(笑)、バッハ繋がり
という意味でジョン・ルイスはいろいろアルバムを発表しましたね。

その他、「Grand Encounter」(Pacific Jazz/1956))や、サッシャ・
ディステル(g)との「Afternoon In Paris」(Versailles/1957)など、
ジョン・ルイスがリーダー格の著名なアルバムがありますが、いずれも
愛聴盤です。(笑)

以前にもお話しましたが、MJQのユニットの中では自分はミルト・ジャクソ
ン(vib)のブルージーな演奏が好きで、ちょっとマイナーですが、「The Balalld Artistry」(Atlantic/1956)がとても気に入っています。
Commented by semi_san at 2006-11-11 22:49
idoさん、お久しぶりです。

D200も退院されたようで何よりです。こちらは早く回復すると思っていた
風邪が何かスッキリしなくて鳥撮りもお預け状態です。(笑)

さてシステムは立派と言うべきか(汗)、はたまた単なる中古品の集まりと
言うべきか(笑)...、音はやはり現代的とは言えませんし、ある意味小編
成の音楽に合わせたシステムに落ち着いてます。そんなに清々とは鳴ら
せませんが、大きなユニットを持つスピーカーの醸し出す音場感は、一
度味わうとなかなか抜け出せません...。(汗)

だた唯一フルレンジだけは、ご指摘の通り全く別の味わいがありますね。
フォステクスのフルレンジユニットを使ったトールボーイ、自分は自作派
ではないのですが、アンプを少し古いものにされると(笑)、楽しいかも?
Commented by ironsky at 2006-11-11 22:55
正直なところ、私はジャズはわかりません。
学生の時は、ジャズ喫茶があって、友人と入りましたが。
最近はまったく聴かないし。
バーボンでも飲みながら、聴くのって最高でしょうね。
Commented by semi_san at 2006-11-11 23:25
ironskyさん こんばんは。

ネタが少ない時はこの手の話か、富士山の写真になりますので...。(笑)
ジャズ喫茶、そういえば私が都内(下北沢)に住んでいた学生時代、入ろ
うと思ってもなかなか敷居が高かったです...。結局本格的に聞き出した
のは30代以降でしたが、結局の所、好きな曲(メロディ)に出会ったり、
アーティストに興味を持つことで楽しく聴けるようになりました。(^^;)ゞ

薀蓄が語れたりすることが凄い訳でも何でもなくて、他の音楽同様、自分
なりの楽しみ方で楽しんで聴ける事が一番!最近はそんな風に思っています。(笑)
Commented by OM1ユーザー at 2006-11-12 15:26 x
ジャズというと一時聞いたこともありますが、私はクラシックとアイドル歌謡曲です。(笑)
合唱やっていたのでフォーフレッシュメンとか、ジャズではないけれどナットキングコールとか好きでした。

今は40GBのMP3プレーヤーにシュアのE3Cのイヤホンで、往復2時間の通勤時間に交響曲や山口百恵、岩崎宏美等を気分に応じて聞いています。
2500曲位入れていますが、私も同じく写真やりだしてから購入したCDが聞かないままになっています。(笑)
Commented by kawasemiT at 2006-11-12 16:03
ジャズは詳しくはありませんが、学生時代はジャズを大音量で聞かせてくれる
地下室的なジャズ喫茶に通ったものです。
コーヒーで2時間粘ると追加オーダーを督促されて、更に2時間・・・。
そんな事を思い出させてくれる写真です。(^^♪
Commented by semi_san at 2006-11-12 17:43
OM1ユーザーさん こんばんは。

アイドル歌謡曲、という響きが微妙に懐かしかったりします。(笑)

さて40GBのMP3プレーヤーですか...、iPodかな?実は当方も40GB
のMP3プレーヤー(iRiver製)を持っていて遠距離出張時には欠かせ
ないのですが、自分の場合車通勤なのでそれほど曲は入れていません。

さてナットコールは何だかんだ言ってやはり良いですよね。ただ、私の
場合、ボーカル物はやはり女性に限る、というかどうしても偏ってしまい
ます。(笑)
Commented by semi_san at 2006-11-12 17:50
kawasemiTさん こんばんは。

私は学生時代、ジャズ喫茶には曲を聴く為には出入りしていません。
その頃は別のジャンルを聴いてましたから...。(笑) でも学生時代、下北
沢付近に棲息していたので、「マサコ」やジャズ喫茶もどきの「ノイズ」な
どは友人達との待ち合わせ場所に良く利用しましたね。
今も残っているのかなぁ...。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雨の日に...。 ~軒下から~      秋色深まって...。 >>