2007年 02月 13日
灯台下暗し?
 この週末は結局鳥見鳥撮りの成果も少なく、今一つパッとしない連休でした。
拙宅の近場には鳥さんポイントもそれなりにはあるのですが、行動がパターン化して来ているせいか、見れる鳥さんが変わりばえしないのは否めません。それにしても今年もルリビタキ、ジョウビタキ♀をあまり見ることが出来ず、何とか写真らしい瞬間を切り取りたいと思うのですが機会に恵まれません。

 富士市の岩本山公園や自然公園、三島市や清水町の湧水公園、地元の里山公園や湧水溜池、そして箱根、須走、山中湖と、かなりバリエーションには富んでいるはずなのですが、多分居ても気付いていない可能性が大きいのではないかと...。正直なところ少々焦り気味だったりします...。(汗)

 そんな中、昨日朝はジョウビタキと思しき鳥さんが偶然にも拙宅の庭先に現れました。昨年暮にジョウビタキ雄は見かけていたので、また来たんだな~と思い、D40にサンヨンを取り出して居間からサッシ越しに撮影しましたがモロに逆光...。ジョウビタキ雄だと思って撮影していた個体はPCで良く見るとどうも雌のような...。( ̄Д ̄;; な~んだ、自宅に居れば見れるじゃないか...、という思いを新たにしつつも、どうにも歩は外へ外へと向いてしまいます。(笑)

D40 + Ai AF ED300mm F4D(IF) + TC-17EⅡ ノートリ
b0109942_21563013.jpg




 昨日はジョウビタキとの出会いを済ませた後、再び山中湖へ...。現地で聞く所によるとヒレンジャクは朝方飛び立った後、戻って来ていないとのこと。自分も先日の撮影ポイントに向かいましたが既にもぬけの殻。白鳥さんの姿もまばらで撮影意欲も減退...。最後は有名な水場へと向かいましたが、ここには既に10人以上の人。やはり首都圏の方が殆どで、中にはヒマワリの種?と思しき袋を丸ごと水場周辺に並々蒔いたりして、「オイオイ!ここは養鶏場じゃないんだから...。」と思わず口にしたくなる心情を抑えつつ、30分足らずで早々に現地を後にしました。
 その後、とある湧水公園に向かったのですが、現地で長年鳥見をしているという方と言葉を交わしたのがきっかけで写真談義やポイント情報交換話に盛り上がり、結局一眼もデジスコもセットすることなく帰路につきました。(笑)

 で、一番の収穫はやはり朝方の自宅でのジョウビタキ撮影と、この鳥見の方との情報交換でした。ヤマセミ、カワセミのポイント情報を少し紹介していただいたので、次回は一度ロケハンに出向いてみようと思っています。(^.^)
[PR]

by semi_san | 2007-02-13 23:49 | 野鳥


<< こんな日に宮古路...。      空振りなので在庫から。 >>