2007年 06月 03日
コルリ雄 ~水場にて~
 今回は昨朝訪れた湖畔の水場で撮影したコルリをお届けします。
現地には6時前に到着したのですが、既に車は10台ほど...。( ̄Д ̄;;
フィールドに入ると殆どが500mm/600mm持参の方々で、私以外、地元ナンバーの車は
見当たりません。(^。^;)

 やや違和感(笑)を覚えつつも、水場の片隅に三脚を構えたのですが、ほぼ初見のコルリは
落ち着いて枝止まりすることも少なく、せわしく動いては餌を咥え、巣穴に運んでいる様子でした。
この朝はその他、コルリ♀、オオルリ♀、キビタキ♂♀、コサメビタキ、ゴジュウカラ、メジロ、
エナガ等を見る事が出来ましたが、枝止まりが非常に少なく観察するだけで終わってしまい
ました。(笑)

 しかしとにかく人が多いのには驚きです...。また撮影条件は早朝ということで予想以上に
厳しく、今回はコルリ対策(笑)でD40+x1.4テレコン(修理上がり)+新しいクイックシュー
(波多野式)を持参したのですが、それでもブレ(被写体ブレも多数)が抑えられず、歩留り
はかなり悪い結果となりました。正直な所、テレコンは持参しない方が正解だったようで、
画質は今一つのものが多いのですが、初撮りでしたので敢えて少し掲載することにします。

 それと非常に近いところまで近づいて来てくれる(理由は後述)のは良いのですが、逆に
近すぎて最短距離以内で合焦しないとか、一眼でデジスコのような距離感の絵が撮れて
しまったり、巣穴の方へ大砲を持って追いかけて行く人が居るのには、正直なところ参り
ました...。(‥;)

b0109942_9274974.jpg




b0109942_931507.jpg

b0109942_14221642.jpg

b0109942_1465140.jpg

b0109942_13572555.jpg

b0109942_13574414.jpg

ほぼ最短距離での撮影。図鑑写真風です...。(汗) f=700mm(1,050mm) SS1/30s。やはりブレてますね...。(-_-;)
b0109942_14144384.jpg

ポートレート風になってしまいます。( ̄Д ̄;;
b0109942_1151267.jpg

 さて、最短距離撮影の理由についてですが、勿論水場自体が鳥達にとって貴重な場所で
あることは間違いないのですが、現地では倒木や切り株、小石などの上にミルワームのような
餌を置き、そこへやって来る個体を撮る、という撮影スタイルのようでした。勿論当方もそれに
便乗していた訳なのですが、見ていると数人の人が頻繁に餌を置いて、その餌を咥える前に
写真を撮る事に躍起になっているようでした。つまり、鳥達が餌を咥えると一斉にシャッター音
が聞かれなくなるのです...。

 兎に角絵になる写真を撮る為には手段を選ばない、といった光景を目の当たりにして、かなり
複雑な心境になりました。特にウォッチングの方には距離が近すぎる!といった会話も聞かれ
たり、餌を与える光景に閉口されたりしている方も居ましたが、我に返って見ると、やはり少し
やり過ぎのような感は否めません。

 やはり自然の中での営みをありのままに撮りたい、とは思うのですが、それも簡単なことでは
ないですし....。う~ン、次回以降は...、どうしようかな...。(-_-;)

全て D40 + Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D Ⅱ(IF) + TC-14EⅡ
最短距離撮影のみISO800。その他ISO1600。
コルリの図鑑写真のみノートリ。それ以外は少しトリミングしています。
[PR]

by semi_san | 2007-06-03 10:56 | 野鳥


<< コルリ若 ~水場にて~      最近のポイント巡りから。 >>