2008年 03月 21日
PC...その後
 D300の購入に合わせて画像データの現像環境を見直し、新しいPCを導入する計画に
ついては昨年一度記事にしたのですが、その後色々あってようやく新しい環境に移行する
運びとなりました。

 何故今頃まで?という理由ですが、昨年、ASUSのT3-P5G965とShuttleのSD32G2と
いうベアボーンをそれぞれCore2QとCore2DのCPUで組んだものの、どうもASUSのT3が
使用開始1ヶ月程すると「Disk Read Error」が起動時に発生し始め、最終的にはフリーズ
してしまうという現象に陥りました。

 結局原因はM/Bの不具合だったのですが、その究明に数ヶ月を費やす結果となり、ASUS
製品に対する不安も正直なところ募ってしまったことから、ShuttleのSP35P2という別機種を
新たに購入し使用することにしました。

 しかし半年も経つとやはりPCの世界は新しいCPUやらパーツが登場し、陳腐化の波が直に
押し寄せて来ますね。(笑)ASUSベアボーンの行く末は未定ですが、とりあえず以下が現状の
仕様です。ビデオカードについてはゲームを前提としない安価なものを挿しているのですが、
静止画(写真)編集に適したものをどなたかご存知であればご教示願いたいです。

<SP35P2 Pro>
CPU :Intel Core2Quad Q6600
HDD : Seagate ST3250410AS (250GB)+ST3500320AS (500GB)
DVD : Pioneer DVR-215BK Bulk (SATA)
Memory : Buffalo DDR800 1GBx4
Video card : Leadtek PX7200GS TDH (GeForce 7200GS)
OS : Windows XP Professional (32bit)
b0109942_21235851.jpg

 ここからは自作をする人には多少興味がある話と思いますが、IntelのCPUの価格改定が
迫っていて(4/20)、今回の目玉はQ6700(2.66GHz,1066MHz,4MBx2)の売価がほぼ
半額近くになる事($266)です。当方使用のQ6600も更に少し値下がりするようですね。
また3/24には新たなる45nmプロセスのQuadコアQ9xxxシリーズの発売が開始され、3Q
には現在品薄のE8500(3.16GHz, 1333MHz, 6MB)の上位CPUであるE8600(3.33GHz)
が発売になり、同時に他のCPUの価格改定も行われるようです。

 写真現像の快適さはCPUやメモリに依存することは事実なのですが、自分がQuadコアを
使うメリット(対応アプリ)を冷静に考えると、動画編集やゲーム(OC)をする訳ではないので
発熱抑制の意味も含めて、このE8600あたりのDuoコアでハイパフォーマンスなPCにしたい
と思っています。(勿論OSをVistaへ、というのもメモリをフルに活用するには意味がある事
なのですが、これは今暫く様子見です...。)

 それと、今年になって液晶ディスプレイを5年以上使ったn-fren社製(既に国内市場からは
撤退)の15インチモデルから、NANAO製のFlex Scan L567(17インチ)へようやく乗り換え
ました。実はL567は既に製造終了しており、勿論中古品(パネル交換済品)での購入ですが、
液晶パネルとしては同じナナオ製のL997(21.3型、現行機種)と共に、現在唯一日立製の
IPSパネルを使用したモデルとなっています。
近い将来、画像処理用としてこのL997は是非使ってみたいですね♪
[PR]

by semi_san | 2008-03-21 21:34


<< 写欲はあれど...。      カワガラスも...。 >>