2018年 05月 01日
キビタキ第2報
 自宅周りに渡来したキビタキの第2報です。

今朝も5時前から囀りが始まり、あちこち行ったり来たりしながら、
夕方まで美声を聞かせてくれました。
意外なのはお昼頃や昼過ぎでも自宅の周りに来て囀ってくれること。
いずれはペアとなって美声も聞かれなくなりますが、明日は少々欲を出して、
宅内ではなく庭先から観察、撮影に挑戦してみようかと思います。


それにしても初めて渡りに気がついたのが営巣を発見した2007年なので
もう11年も前の出来事になりましたが、民家がそばにあるにも拘わらず、
他の夏鳥ではなくキビタキだけが必ず此処に戻ってくること自体、今もって
不思議でなりません。


[PR]

# by semi_san | 2018-05-01 19:32 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 04月 30日
ダイヤとキビタキ
 昨日夕方、ようやく実家に帰省。
天気もよく、夕方5時過ぎでもまだまだ明るく日差しも強い中、ふと高速を降りて
富士山を眺めていると・・・『そうだ。今日はダイヤ(モンド)の日!』とすっかり
地元恒例のイベントを忘れていました。

で、実家に戻る道を折れようとすると、既に車が何台か空き地、路上に・・・。
少し前までは地元カメラマンが数人というこの実家のポイント、家人に話を聞くと、
昨夕は車多数(10台以上)、路駐も含め観衆多数?で稀に見る盛況だったとか・・・。

どうやら地元民ではない人がSNS等で情報拡散したようで、世に言う『インスタ映え』
する写真をと、アマチュアカメラマン、家族連れが多数訪れていたようです。

確かに2月の真冬の山中湖で取るより遥かに撮影は楽だし、一番気持ちの良い時期なので、
正直知られたく気持ち(実家傍だし・・・^^;)なのですが、何と言ってもここは
『隠れダブルダイヤ』の場所・・・。

自分が初めて撮ったのはちょうど11年前の2007年。
b0109942_07423391.jpg
カメラボディは富士フィルムのS3Proです。(未だ現役です。笑)
太陽も真ん中に落ちてはいないし、いい加減に撮っているので出来も今一つですが、次にまともに
撮れたのは2013年。
b0109942_07470323.jpg
この時は庭仕事をしていて横着をして庭先からコンデジ撮影。電線はご愛嬌。
確か翌日は曇って、真ん中に落ちる写真は撮れなかったと思います。

それにしてもネット社会の影響は計り知れません。
年に一度のイベントとは言え、静かな地元ポイントが今後、賑々しくなり過ぎないことを願うばかりです。

さて、期待をしていた自宅へのキビタキの飛来ですが、家人によると昨日朝は囀りが聴こえたとの事で
今朝、布団の中で耳を済ませているとあの麗しい声が聞こえて来ました。

今年は新緑の芽吹きが早く、宅外は既に鬱蒼としていますが、起き掛けに証拠動画を撮ってみました。
開けていない網戸はご愛嬌。



今年は姿を見るのは少し難しいかもしれませんが、GW中、毎朝目覚まし代わりの美声を楽しめる幸運に
感謝したいと思います。

[PR]

# by semi_san | 2018-04-30 08:06 | 風景 | Comments(0)
2018年 04月 29日
一年ぶりですが…。
 久しぶりの更新です。
お盆もクリスマスも新年も過ぎ去り、桜も散って、また夏鳥の季節がやって来ました。
昨年後半から、体調不良やら仕事の関係で、鹿の子模様を撮り行く気持ちもどこへやら、
一度も早朝のフィールドに出ることはありませんでした。

しかし一年で一番気持ちの良いこの時期に、一年ぶりに夏鳥に会うとやはり気持ちは癒されます。
写真は良いものが全く撮れなくなりましたが、こういう場所が地元にあって、旧知の鳥仲間と共に
久しぶりに森林浴できることはとても有難いことだと思っています。

写真は古いものから抜粋です。(笑)
この頃は自分も野鳥を撮り始めの頃で、鳥達も人をあまり気にせずのびのびとした姿を見せて
くれていたことがとても印象的でした。(当時の自分はそうは気付きませんでしたが…。)

この林園に初めて来たのが2007年7月。
この時はD40 と旧サンヨン(テレコン)手持ち撮影でした。入場後すぐに見つけたキビタキ。
b0109942_05544446.jpg
既に季節は初夏でしたが、意外に簡単に撮れるので?翌年はシーズンインの時期から撮影に…。
自宅から車で20分ほどの市内某所ですが、それまで1時間位掛けて出かけていた県内某所や
○○湖の水場などより、林内の雰囲気がとても良く、撮影もし易いことが分かりました。

実はこの年には自宅の欅にもキビタキが営巣しており、6月半ばの巣立ち以降、自宅で
見れなくなり、何となく喪失感(笑)があってあちこちロケハンした結果、ここに辿り着いた
記憶があります。

翌年からは準大砲(手持ち)で臨むようになりましたが、人もあまり居ないせいか、撮影者
(自分)を気にせず不意に目の前に来たりすることもあって、初心者にはうってつけ?の
環境でした。

b0109942_06172210.jpg
近年は撮影者も増えて、以前のようなのびのびとした姿が見れなくなっているのがとても残念ですが、
このご時世、ある意味仕方のない事ですね。

この頃はヤマセミ撮影に傾注していて、ほぼ一年中観察、撮影出来るポイントがありましたから
夜明けヤマセミ⇒夏鳥撮影⇒夕暮れヤマセミなんていう強行軍で撮影していたこともありました。(苦笑)
撮影環境に恵まれていたこともあって、自分自身が一番楽しかった頃ですね。
微妙な背景ですが、夏鳥撮影後の駆けつけ一枚。(このポイントも大水で既に流失)
b0109942_06494438.jpg
そう言えば、ネットのカメラ掲示板で知り合った方々と某ポイントに集結してヤマセミ撮影、なんて
こともありました。
ブラインド無しで目の前ダイブ、捕食、その後川原に下りていると間近をヤマセミ通過、なんていう
考えられない事態にも遭遇しました。

さて、今日からようやくMy GWです。
時間はあまりありませんが、夏鳥撮影というより森林浴ウォーキングという感覚でフィールドには
出てみようと思います。
あとは自宅にキビタキが来ているか…、今年は例年になく暑いのでいささか心配ではあります。

[PR]

# by semi_san | 2018-04-29 07:24 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 05月 07日
GWの夏鳥達
 GWも最終日。
成果は大したことはなかったが、久しぶりの野鳥フィールドはなかなか気持ちが良かった。
といってもこの時期、あちこち渋滞しているので行く場所は決まっている。(笑)

旧知の仲と楽しい時間を過ごし、良い写真を撮れればそれに越したことはないのだが、やはりあまり執着し過ぎるのは
思わぬところで周りに迷惑を掛けたりすることもあり、過去の経験も含め、色んな意味で失うものも大きい?と考えている。
一線がどこか、は、人によりけりだが、自分は自分の一線を保ちながらこの趣味を続けられたらと思う。


More
[PR]

# by semi_san | 2017-05-07 18:00 | 野鳥
2017年 05月 05日
ようやく確認
 昨日は朝からキビタキの囀りがとても豊富。(笑)
結局、朝5:25頃から夕方18:40頃まで、自宅裏のあちらこちらで囀りを聴かせてくれた。
朝はキビタキの囀りが目覚まし代わりというのは、考えてみればとても贅沢なこと・・・。

今朝の一番歌は少し遅く、その後は天気があまりにも良く、暑くなったせいか、ほとんど近くに来ない。
しかし昨日、何度か宅内そしてベランダに出て観察し、ようやく数枚、木々の合間をぬって撮影に成功!
しかしソングポストは林の反対側の縁にあるらしく、とても普段の撮影のように狙って撮れるものではないことを悟りました。
残り少ないGW中、再び撮影のチャンスが訪れるかどうか・・・。


More
[PR]

# by semi_san | 2017-05-05 18:00 | 野鳥
2017年 05月 03日
声の主を探す

 世はGW休暇となり、実家に戻って来た。
4月下旬には実家の周りに渡って来ていたキビタキだが、家族の話ではここ数日家の裏の近いところで
かなり囀りが聞かれたようだ。
昼食後、耳を澄ますと既に囀りが響いている。早速デジカメで動画証拠録音し、双眼鏡で姿を探すが
毎年の事ながら木々が繁り過ぎているのと、やや近過ぎるせいで、なかなか見つからない。



もとよりキビタキは撮影で訪れるフィールドでも、自分にはかなりハードルが高い。
高いところならまだしも、低い所を速く飛ぶことが多く、体は黒いから。
過去、実家では一度だけピンボケ写真を撮ったことがあるが、それきり・・・。
今年は何とかこの休み中に写真に収められるかどうか、毎朝チャレンジしてみようと思う。




More
[PR]

# by semi_san | 2017-05-03 21:34 | 野鳥
2017年 05月 01日
最近よく聴くもの
 実家の居間では、朝のタイマーでインターネットラジオを鳴らしていて、『Solo Piano』という局を以前見つけて
セットしていたのだが、先日、家族から「鳴っていない」ということで確認してみると、もう随分前から無料放送を
止めていた模様。改めて別の局、『Whisperings』をセットし、朝のBGMとしてもらっている。

 自分の場合、最近ネットラジオで良く聴いているのは『聖歌』(!)
グレゴリオ聖歌を中心に流している局を見つけ、就寝時(タイマー)そして朝とBGMに。
(少し前はパイプオルガンの局を探してBGMにしていたがやっぱり重いです・・・。)

 そう言えば以前、ネットワークプレーヤー(単体)を購入したのだが、CDコレクション?をNAS経由で視聴する
方法が煩わしく、ネットラジオの音質もいまいちということで手放してしまった。
今やUSB-HDDの再生にも対応している機種が発売されており、より手軽に再生が可能となっているため、
改めて購入を検討している。しかしまだ過渡期の製品が多く、動作が不安定だったり、機能面での違いも大きく、
機器間の相性の問題もあるようで悩んでいます。

 また、JAZZを相変わらず古いMclntoshのトランジスタアンプとJBLのモニタースピーカー(実家は4311A)で
聴くのが楽しみの一つですが、今更ながら、最近よく聴くアルバムは、Keith Jarrett Trioの『Standards, Vol.1』。
1983年のリリース。もう35年近くも前の録音です。

 2000年頃、リマスタリングの紙ジャケットCDで買い直し、今改めて聴いてみると、後年の、より洗練された
熱気のあるライブパフォーマンスとも異なり、スタジオ録音ならではの静けさや間の取り方が絶妙だと思うのですが、
特にKeithがミャーミャー言っている声が録音されているのを聴いて、「何だよこの変な録音は・・・。」なんて(笑)、
20代の頃にはそんな事ばかりが気になって仕方がなかったことが、今思えば気恥ずかしく、また微笑ましくも思い
起こされます。
歳月の流れは・・・こうやって振り返ってみると、早いものです。

[PR]

# by semi_san | 2017-05-01 23:44 | お気に入り♪♪
2017年 04月 29日
夏鳥を探す
 前回の更新からだいぶ時間が経ってしまった。
あんまり意味のない更新をするのも面倒で、すっかりやる気を無くしているのが本音なのだが、
この間私的には色々あって、写真を以前のように撮ろうという気持ちにはまだまだ至っていない・・・。

最近は写真を撮ること自体にあまり楽しさを感じられなくなっているのだが、この時期は年に一度の
夏鳥撮影?ということで、ここ2週間ほど、土日の限られた時間だが地元フィールドに出掛けてみた。

いつものお歴々と久しぶりの再会を果たし、撮影というより、森林浴とウォーキング気分であちこち
歩き回るがやはり目線で野鳥を追うのは自分にはなかなか難しい。
正直に言えばヤマセミに傾注したのも、勿論その造形美に惹かれたのもあるが、やはり鳥が大きく
見やすいことが一番だった。(笑)

でも冬場の早朝、早起きは良いけど、日の出前の一番冷え込む時間帯から、一人用のテントで3時間
~5時間もじっと篭っているのはあんまり健康的ではないですね。結局昨年~今年のシーズンは
一度も撮影に行かなかったので、これはここ10年で初めてのことでもありました。

そんな訳で、暖かくなっての久しぶりの野鳥観察・撮影ということになり、現地で今年の傾向と対策を
諸兄と共有しつつ、何とかそれらしい機会に遭遇。
以下、花の咲いた枝に留まっている訳ではないし、オオルリも暗いけどこれでよし。

b0109942_22522468.jpg
さて、自宅に戻ったら27日(木)の朝、キビタキの麗しい囀りが裏のクヌギ林から響き渡っていたとの事。
その後、日も暮れかかった今夕、ふと耳を澄ますと庭先でキビタキの地鳴きが聞こえていた。

せっかくなので、あすは早朝、音声録音で渡来記録としますか・・・。


[PR]

# by semi_san | 2017-04-29 23:15 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 08月 29日
メジャーデビュー?
 音楽?ネタでもう一つ。
6月に大叔母の法要があった際、自分から見て、はとこ(再従妹)にあたる子が芸能界デビューという話を
聞きました。エイベックスから、小室哲哉のプロデュースだそうです。

自分の身近なところからこういう話を聞くと、時代の流れを感じますね。
ただ、今や低年齢化(青田買い?)と共に、ご同類で一杯といった業界の有様には、いささかうんざりと
いった印象です。(そもそも全く興味は無いのですが・・・。)

身銭を切って聞きたい、見たいと思わせる、ブレークスルーや新しい価値を創造しようというような気概を
持ったアーティストは殆ど居なくなりましたね。
焼き直しや二番煎じ、過去のスタイルの踏襲(皆、見た目だけは良くなった?(笑))ばかりです。
今の日本のロック?、と称するグループの有様は酷い。ただのアイドルグループと大差なし。

情報化と価値観の多様化に伴う必然の結果とも言えるのでしょうが、その意味では’70年代、’80年代は、
リスナー側としては恵まれていた時代なのかもしれません。
[PR]

# by semi_san | 2016-08-29 21:00 | お気に入り♪♪ | Comments(0)
2016年 08月 28日
ステージピアノ
 5月以降は体調面もあって、野鳥撮影も全くご無沙汰・・・。

冷夏と言われた割には今月半ばの猛暑はかなりインパクトがあって、実家のある町でも最高気温を更新。
涼しくなったら少しはお山に出かけてみようかと思っていますが、多分行かない・・・な。(笑)

ところで、最近また盛り上がって?来たのは、数年前に購入を検討していた鍵盤楽器。
現在の平日居住環境では色々と面倒(近所迷惑)になる可能性があるので躊躇っていましたが、やはり
購入しようかと思っています。

20代半ば、友人とバンドの真似事(一応、貸スタジオで練習)をしていた頃、ヤマハのPF80という電子
ピアノを購入しましたが、それ以来です。
候補としてはヤマハのステージピアノ、CP4 STAGE か、カワイの電子ピアノ、ES8。
ピアノの音色としてはヤマハは好きではないのですが、音色数や作りの出来は良いので迷うところ。

弾きたいのは実はバッハのオルガン曲なのですが、当時はPF-80 に、FMシンセ、DX-7ⅡFD⇒SY77と
積んで2段鍵盤にし、音源モジュールを2つ3つ付け足して、遊んで(練習して?)いました。

いずれはオルガンモデル(NORD、ハモンドやローランドから出ている)も検討したいと思っています。
[PR]

# by semi_san | 2016-08-28 23:42 | お気に入り♪♪ | Comments(0)