2014年 02月 22日
あの声が…。
この場所で聞かれなくなって久しいです。
自分にとっては原点。
写真の出来をどうのこうの言う以前の出会いでした。
しかし、機材の進歩もあってか、はたまた世の風潮か、昨今のカメラマンは
身勝手な振る舞いが目立ちますね。(写欲も落ちて当たり前か…。)
1.山翡翠2007春
2.山翡翠2007夏
3.山翡翠2007夏②
[PR]

by semi_san | 2014-02-22 21:26 | 山翡翠、翡翠


<< 小春日和の昼下がり      再び渓流へ…。 >>