人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023年 06月 12日
SL-7 & SL-10
 最近、長年行きつけのオーディオショップにて、久しぶりに店主と会話をする機会がありました。

昨年秋頃、サブシステムで使用していたテクニクス製のアナログプレーヤー、SL-7の調子が悪くなり、最終的には
アームが動かなくなってしまったため、ショップで応急修理はしてもらったものの、その際、店主から上位機種の
SL-10はなかなか良いプレーヤーなので一度聴いてごらん?、と言われ、気になっていました。

SL-7 は小生が大学生時代、ビルメンテナンスのバイト代を全てつぎ込んで購入(笑)した、思い入れ?のある、当時の
価格で7万円のリニアトラッキング方式のアナログプレーヤーでした。このリニアトラッキング方式は最初のモデルの
発売以降、画期的な方式?として注目されていました。

購入当時、上位機種SL-10は10万円でしたから、さすがに大学生に「上位」は必要なく、とにかく住んでいた都下の
木造アパートで数少ないロックのレコードを繰り返し聴くことにその後は全集中?することになります。(笑)
そして現在に至るまで、十代から聴き始めたロック(英米)のレコードを数多再生し、リスニングしてきました。

その間、オーディオを本格的に始めたことで、メインシステムには違うプレーヤーをあつらえましたが、今回、
お店にSL-10の中古個体が入ったということで、少しの期間お借りしてSL-7と比較試聴してみることに…。




SL-7 & SL-10_b0109942_19095688.jpg


















本邦初公開の実家ルーム(^^;)での簡易?試聴の様子ですが、Mclntosh MA6200 はフォノ入力が2系統あり、
SL-10 はラックに入れずに手前の台の上に置いて、ラインケーブルは空中接続となるものの、これでSL-7と同じ
ソースを比較試聴することにしました。(ラックの中にあるのがSL-7)

SPは勿論お気に入りのJBL 4311A(GY) で、CDPはこれも長年使ってお気に入りのMarantz CD-34(前期型)です。
CDPの横にあるのは昨年購入してなかなかVIVIDな音を聴かせてくれる、iFi AudioのDAC、ZEN One Signature。

SL-7とSL-10の一番の違いは勿論カートリッジ(MMとMC+ヘッドアンプ)なのですが、試聴するまではそれほどの
違いは期待していなかったものの、実際にディスクを再生すると、ええっ!(;'∀')、というほどの差…。

まずはJAZZの超有名盤アルバム「Art Pepper / Meets The Rhythm Section」(日本盤の再発盤)をかけてみると、
一聴してMC型と分かる帯域の広さと緻密な音像が印象的で予想以上に力感があり、チャンネルセパレーションも明確。
そして何より低域が軽く、見通しがすっきりして抜けがよく、それでいて艶っぽさも感じられ、SL-7とは全くの別物と
いうことが分かりました。というかSL-7の音が酷すぎる…という事実が40年の時を経て判明…。(笑)

既にメインシステムではXERXES7(ザクシーズ7)というイギリス製のアナログプレーヤーを使っていますので、
SL-7の出音はそれなりで、お手軽再生用(ロックが中心なので)という理解はしていましたが、SL-10がここまで違う
ことに恥ずかしながら今頃気付き、改めて80年代のロックの秘蔵版など、特に12インチ(30cm)EP(45RPM)を何枚か
SL-10 で掛けてみると・・・、えらい違いで更にビックリ!。少々言い過ぎかもしれませんが、実に緻密でありながら
音に潤いも感じられ、音場もしっかり再現されて、音楽としての魅力はCD再生より勝っている印象です。
ネット配信とは比較する時間はありませんでしたが、それは次回の試聴で確認してみるつもりです。

この違いの一つには本体の剛性がかなり違っていて、トップパネルはSL-7はアクリルケースみたいなもの(笑)ですが、
SL-10は上下パネル共にアルミダイカストで重量級、テーブルの制振構造や防振対策も十分なされており、その効果が
大きく影響していると思われます。また、専用のMCカートリッジの出来が非常に良い、ということもありそうです。

次回の試聴時には、古いロックのレコード(愛聴盤)を中心に更に聴きこんでみようと思いますが、今回の試聴で
出来れば程度の良い中古個体を、このカートリッジ(310MC)と共に入手してみたくなりました。

美しい?思い入れのあるはずのSL-7でしたが、今回の事実を知ってしまうと、『これまでの時間を返してくれぇ~!』って
思わず叫びたくもなりますが…、でもまぁこれもオーディオの楽しみの一つなんでしょうね。


by semi_san | 2023-06-12 21:46 | お気に入り♪♪ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ヒペリカム(ハイペリカム)      ムラサキシキブ?と… >>