2006年 10月 31日
翡翠プチオフ会 ~その1 やっぱり来ました!?~ 
 本日はかねてより強い要望のあった某とんとん板サンヨン鳥撮り友の会倶楽部メンバーによる(と言っても若干3名のおじさん達...笑)ヤマセミ撮影会を実施しました。お一人は遥遥都内を越えて...、もうお一方はこれまた峠をいくつか越えての早朝出撃(現地集合時間5時半~6時)と相成りました。天気はまさに撮影日和と言わんばかりの快晴です!

 到着するなり顔合わせもそこそこに皆それぞれの機材を揃えて待つ事30分。ヤマセミがやって来ました。暫く遊んでくれた後、カワセミやその他の小鳥達をそれぞれに撮影し、また情報交換やお互いの機材のチェックなど、いつも一人で撮っている身としては前回(今年3月)同様、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。(^u^)

 当方の準備はいつも通りでしたが、ゲストの方に清々撮っていただく事を第一に、デジスコの30X接眼レンズでの試写やビデオ片手の飛来シーン狙いでしたが、どちらも不発...。(笑) 残念だったのは飛来シーン待機中にカワセミがいい所に止まり、そちらに気を取られてしまって肝心のヤマセミにお尻を向けていた事でした...。(爆)

何とか押さえた一枚。(笑)
b0109942_22115582.jpg

ジョウビタキもようやく...。
b0109942_22181112.jpg

高木の上の方の枝に留まっていたイカル。
b0109942_22203715.jpg

カワセミも...。
b0109942_2221883.jpg


 今回ゲストお二人と撮影を共にして特に感じたことは、一眼はやはり撮影がスピーディなことですね。また、500/F4といった大砲を持ち歩くことは大変ですが、それに見合うだけの画質はやはり大きな魅力です。

 反省点としては、今回はデジスコでの連写を多用したものの、やはりブレているのと、電源が一旦オフになると設定がリセットされて、相変わらず露出補正をし忘れることでした。(汗)
30X接眼については期待される解像感が出ていないので、改めて使いこなし(ヒップサポート強化によるブレ防止等)に留意し、使用機会を増やして習熟して行きたいと思っています。

 それにしても、とんマスター、カメさん、今日は超早朝から遠路はるばる出撃お疲れ様でした!また、次の機会を楽しみにしたいですね!(えっ?次からは勝手に来るって...?笑)

撮影データ : ED82+30XWFA+EX-Z850
[PR]

by semi_san | 2006-10-31 22:46 | 山翡翠、翡翠


<< 翡翠プチオフ会 ~その2 カワ...      ~ Prologue ~ >>